仕事でやってた漫画(撤退したやつ)、ネームの一部を公開します。
元々海外向け、逆輸入版として出版される予定のものだったので、左開きの文字横書きです。
台詞は後々のことを考慮して消してあります。





























































…複雑な背景や政府を持つある国の、とある実在の人物の話なんですが、
これみて何描いてたかわかったらすごいと思います。
一部内容を話してある方々には「あー、これあの人か」てわかると思いますが…。

こういうのを思想に至るまで徹底的に調べ上げた上で然るべき所に配慮し、
整理して物語りにするってものすごく大変な作業なんですよ…。

まして世間はこの人物に対して毀誉褒貶激しいですし、監修者もいなかったため大変でした。
相当なプレッシャーとストレスがかかります。
最悪内容については自分が全責任を負うくらいのつもりで取り組んでいましたが…。

<'10.07.16>


追記:現在ビルマ関連団体の方々、出版業界の方々のご協力を得ながら、
実際の出版に向けて動いている最中です。
ミャンマーに動きが出てきたお陰でほぼ実現可能と見ていい感じ。
2010年末からそのためにちょこまか動いてたのですが、動いて本当に良かった…。
頑張ります。

<'12.02.20>


追記2:2月に書いた出版社の方、結局企画会議でボツになりました…。
しかし現在新たな出版社さんからお声がかかっており、
編集者さん達と打ち合わせ等行っているところです。
今度こそ無事出版実現できますように。

<'12.11.21>